👨‍👩‍👦

クリエイティブ ・チューリングテスト- Turing Tests in the Creative Arts

Entry
クリエイティブ ・チューリングテスト- Turing Tests in the Creative Arts
Type
Project
Posted at
December 23, 2016
Tags
art
Year
2016
Arxiv
image

Overview

有名な「チューリングテスト」-会話を通してソフトウェアが人間のように振る舞えるかを試す- をアートの世界に応用したコンテスト. どれだけ多くのジャッジを、コンピュータで生成した作品によって、人の手によるものだと「だませるか」を競います。

Technology/System

2016年のコンテストでは、詩、ショートストーリー、DJセットの三つの部門が開催されました.

Results

結果としては、(予想できることですが) DJセットのカテゴリーの成績が一番高かったとのこと。優勝したソフトウェアは40%のジャッジを、人間のDJとして信じ込ませることができたとあります。実際にこちらでコンテストに参加したDJソフトウェアの出力例を聞くことができます。

以下は、詩のカテゴリーで優勝したアルゴリズムの出力例. “wave”というキーワードを受けての出力です. 面白いことを言っているようで、ストーリーとしてのつながりがあまり感じられません.

People picking up electric chronic.The balance like a giant tidal wave,Never ever feeling supersonic,Or reaching any very shallow grave.

An open space between awaiting speed,And looking at divine velocity.A faceless nation under constant need,Without another curiosity.

Or maybe going through the wave equation.An ancient engine offers no momentum,About the power from an old vibration,And nothing but a little bit of venom.

Surrounded by a sin Omega T,On the other side of you and me.

Further Thoughts

ショートストーリーが一番難易度が高く、そもそろ3人のエントリーしかなかったとか. 2017年のエントリーも始まっています! 音楽のカテゴリーは、DJセットから、音楽的な人とソフトウェアの音楽的な「かけあい」にフォーカスが移っている模様. 5月が締切とのことなので、ぜひ挑戦を考えたいところです.

Links