The Role of AI Attribution Knowledge in the Evaluation of Artwork
📄

The Role of AI Attribution Knowledge in the Evaluation of Artwork

Entry
鑑賞者はAIが「描いた」絵を見分けられるか
Simple Title
Gangadharbatla, H. (2021) ‘The Role of AI Attribution Knowledge in the Evaluation of Artwork’, pp. 1–19. doi: 10.1177/0276237421994697.
Description
クラウドソーシングの仕組みを活用して、AIが描いた絵を区別できるか、またAIが描いたという情報が、絵自体の評価にどのくらい影響するのかを調査。
Type
Paper
Posted at
May 11, 2021
Tags
theoryart
Year
2021

Gangadharbatla, H. (2021) ‘The Role of AI Attribution Knowledge in the Evaluation of Artwork’, pp. 1–19. doi: 10.1177/0276237421994697.

実験に使った絵
実験に使った絵

Overview - 何がすごい?

クラウドソーシングで集めた被験者を使って、

1) 人が描いた絵とAIが生成した「絵」の区別をつけられるか

2) 誰が描いたかという情報が絵の評価に影響を与えるかを調査

Abstract

Artwork is increasingly being created by machines through algorithms with little or no input from humans. Yet, very little is known about people’s attitudes and evaluations of artwork generated by machines. The current study investigates (a) whether individuals are able to accurately differentiate human-made artwork from AI-generated artwork and (b) the role of attribution knowledge (i.e., information about who created the content) in their evaluation and reception of artwork. Data was collected using an Amazon Turk sample from two survey experiments designed on Qualtrics. Findings suggest that individuals are unable to accurately identify AI-generated artwork and they are likely to associate representational art to humans and abstract art to machines. There is also an interaction effect between attribution knowledge and the type of artwork (representational vs. abstract) on purchase intentions and evaluations of artworks.

Motivation

AIと創造性についての包括的な話はよくあるが、実際に一般の人たちがどう捉えているかについての研究はほとんど存在しない。

Experiments & Results

実験1. AIの生成した絵と人が描いたものを見分けられるか

211人に調査

実験結果
実験結果

大半が正しく評価できたのは、AIが描いた抽象画だけ。それ以外は大半が間違えている。

多くの人は具象的な絵を全て人が書いたとして捉えてしまっている。

実験2 誰が描いたかの情報が絵の評価に影響を与えるか

誰の手によるものか正しく・間違って伝えられた時の評価/購買意欲の差
誰の手によるものか正しく・間違って伝えられた時の評価/購買意欲の差

絵がAbstractだと、AIが描いたものはAIが描いたと正しく説明したほうが評価・購買意欲ががあがる

絵が具象的だと AIが描いたものでも、人が描いたと説明したほうが評価・購買意欲が良くなる

Results

具象的な作品を人に、抽象的な作品をAIの作品として認識しがち

Further Thoughts

  • やっぱりここでもAIが描いた絵という呼び方をしている
  • AIを使って絵を生成したアーティストはこの論文や記事に対して怒っている
  • 参考文献で知らないものがいくつかあったのであとで読みたい.
  • 本当に絵自体の評価を調べているのか、AIが描いたという時点でネガティブなバイアスがかかっているのか?? 明確ではない
  • 5枚の絵のサンプルからどこまで一般化したことが言えるのかも疑問
  • とはいえ、人々のAIアートに対する評価を定量的に示したという意味で無価値ではない

Links

Artnetの記事

関連しそうな論文

AIが描いたとする絵を生成したAIを作ったアーティスト robbie Barattの反応